Untitled-1


ようこそ

合気道産靈 ようこそ

産霊むすび合気道文化協会(合気道産靈)は2008年にバダロナで設立された、合気道を推進する自己管理の非営利団体です。私たちは道場(住所:〒08918 カタルーニャ州バルセロナ県バダロナ 351 アルフォンス・XIII通り)で毎日大人と子供に合気道クラスを提供しています。

合気道産靈は、他者への敬意に基づく誠実で継続的な実践を通じて、改善と自己開発の方法として合気道を促進することを目的としています。 テクニックを通して、私たちは相手に対する自信と思いやりに加えて、肉体的、精神的、そして精神的な発達に貢献します。

合気道産靈で共に練習する人達が、他の会員達や合気道家達がいる適切な環境下(道場)で、毎日のトレーニングを通じ合気道の深さと楽しさを体験できることを願っています。

合気道の練習を開始したい場合は、こちらへご連絡頂くか直接道場へお越しください。登録は無料。年中無休。

私達の道場での経験をみなさんへシェア出来きたらと思ってます。参加ご希望の方はどなたでも歓迎しています。


道場について

合気道産靈 道場につして

合気道産靈の哲学は、合気道開祖・植芝盛平翁によって確立された教訓に基づいており、二代目道主と三代目道主、また本部道場の師範によって継承されます。

合気道産靈合気道嵐グループの一部であり、宮本鶴蔵師範(八段)を介して本部道場と連携してます。また、ヨーロッパや世界中で有名な教師達が行う合気道のコースやセミナーに参加しています。それに加え、私達は定期的に練習の為に東京の本部道場を訪れてます。

私たちの道場は、武道の練習と教育にのみ捧げられた、広々としたオープンスペースです。それは道場の技術指導者とインストラクターによって監督、管理されています。インストラクターや教師だけでなく全員の責任であり、生徒によって維持および管理されます。

道場は武道の勉強と理解を深め、年齢、性別、職業を問わずあらゆる人々と出会うのに理想的な場所です。


合気道とは

合気道産靈 合気道とは

合気道は、20世紀初頭に植芝盛平(1883-1969)によって開発された非競争的な日本の武道です。これは、他の日本の伝統的な武術(主に大東流合気柔術)に基づいており、柔軟で自然で非常に効果的な動きを使用して、敵の力を使って攻撃を回避、リダイレクト、または無効化します。

合気道の練習は、練習を繰り返すこと、左右のバランスを保ち、テクニックのパフォーマンスとその受け入れを交互に繰り返すことに基づく、困難な身体トレーニングです。 合気道は健康に良いだけでなく、日常生活に自然に自信を与えてくれます。

年齢や体調、性別に関係なく、いつでも合気道の練習を始めることができます。

合気道産靈では、通常のクラスとは別に、未経験者に適したクラスを提供しています。 クラスでは、担当教員とベテラン学生が同行し、初心者を安全に指導します。


指導者

合気道産靈 パブロ・マルティン
合気道産靈 パブロ・マルティン
合気道産靈 パブロ・マルティン
合気道産靈 パブロ・マルティン

パブロ•マルティン(1977年、バダロナ生まれ)で1999年にリカルド•コール先生(四段)と共に合気道を練習し始めました。 その後、彼は合気道産靈のインストラクターであると同時に自主練習を続けました。彼のキャリアを通して、彼は、有名な教師(取り分け山田嘉光師範、菅野誠一師範、柴田一郎師範、マイク・フリン師範、ドノバン・ウェイト師範、ピーター・バーナース師範)による数多くのコースやセミナーに参加していました。彼はまた、本部道場にて師範(取り分け、植芝守央道主、宮本鶴蔵師範、横田愛明師範、大滞勇人師範、栗林孝典師範、金沢威師範、鈴木俊雄師範)の元で練習する為に日本を訪れました。

彼はバダロナで合気道を促進するために、2008年に産靈合気道文化協会(合気道産靈)を設立し、後に会長と技術指導者(チーフインストラクター)の役割を引き受けました。

現在、彼は参段の証書を合気道道主植芝守央より直接頂きました。公益財団法人合気会および国際合気道連盟(IAF)により世界的に認められています。


文化協会

合気道産靈 文化協会
合気道産靈 文化協会

合気道産靈(CIF:G-64799554)は、2008年に設立された文化協会です。合気道の練習と日本の伝統的な武道の価値を促進することを目的とする、バダロナでの最初の自主管理された非営利団体です。12年以上の間、私たちはバダロナの街の中心的役割を担い、武道と日本文化に100%専念するスペースを提供しています。

取締役会は会長と秘書、および会計で構成されており、会長は技術指導者、秘書と会計はインストラクターの役割をそれぞれ引き受けています。彼らは、総会で選出された協会内での重要な経験を持つアクティブな文化協会の創設メンバーです。

パブロ・マルティン・マルティン(会長)

  • 合気道産靈のカリキュラムと稽古について監督、推奨、決定を行います。級の審査委員会を編成し、成績を処理します。協会内のインストラクターの育成をサポートし、道場間の交流を促進します。
  • 数ある決定事項の中でも特に、合気道産靈プログラムと、計画、財務、資源管などの管理/運用ポリシーを確立、実行、レビューします。

ホセ・ルイス・ザフラ・ガルシア(秘書)

  • 道場のポリシーに助言し、推奨します。優れた稽古と正しいカリキュラムを組みます。
  • すべての活動を監督して、利他的主義な性質や、合気道産靈のポリシーに従って活動が行われるようにします。

タロン・ハムキヤン(会計)

  • 道場のポリシーについて助言および推奨します。協会内のコース、イベント、セミナーを計画し、推進します。会員の個人的な成長をサポートし、持続させます。
  • 資金源を指揮および管理し、収入と支出を監視します。 協会の経済的利益とその基金の管理に関して、会長とともに実施しています。日常の管理業務を調整し、協会のメンバーになるためのアプリを管理し、合気道産靈のオンライン上でのコミュニケーションを担当してます。

合気道産靈は年齢、民族、性別、出身国、障害、人種、宗教、性的指向、または社会経済的背景に基づく違法な差別を提唱、支持、または実行しません。

リンク